ビルトイン型のガスコンロを選ぶメリットとデメリット

家庭のキッチン用のガス器具には、テーブル型ガスコンロとビルトイン型ガスコンロがあります。その中でも近年人気が高いのがビルトイン型のガスコンロです。システムキッチンに組み込まれるのはビルトイン型であるために、ビルトイン式のガスコンロの販売比率は年々高くなってきております。ガステーブル型のガスコンロとビルトイン型のガスコンロには、それぞれにメリットとデメリットがあります。ライフスタイルや予算によっても適しているコンロが異なってきますので、慎重に選ぶことがおすすめです。ここではビルトイン型のガスコンロについて、そのメリットとデメリットを探っていきます。新築やリフォームの際に、ガスコンロをどちらの型にしようかとお悩みの方は参考にしてください。

スタイリッシュで使い勝手に優れるビルトイン型

ビルトイン型のガスコンロの最も大きなメリットは、スタイリッシュなフォルムです。システムキッチンに組み込まれるためにトップコートと一体化し、ガスの配管も見えなくなりますので、たいへんスッキリとした印象を与え、キッチン全体に高級感をもたらしてくれます。また凹凸や隙間が少なくなるために、調理中に食材がガス器具の周辺に落下することがなく、汚れもつきにくいことが特徴です。ハイカロリーでの調理ができることも見逃せないポイントです。ビルトイン型のコンロはアイランドキッチンでの使用を想定している機器もありますので、左右両方ともに強力な火力を出すことのできるバーナーを備えている物もあります。強火で調理したいなど、料理を本格的に楽しみたい人にとっては外せないポイントでしょう。

価格が高額で専門業者の設置工事が必要

テーブル型のガスコンロは安いものであれば1万円前後の製品もあり、たいへんリーズナブルです。また交換に関しても自分で行うことも可能ですので一定の人気があります。古い住宅や賃貸アパート、単身者向けマンションなどは、ガステーブルが現在も主流であることには変わりません。一方でビルトイン式のガスコンロは、一般的なグレードのもので3万円前後からと、テーブル型と比較すると構造上どうしても高額となりがちです。中には10万円を超える高級機種も存在します。設置に関しても専門的な知識と技術が必要になりますので、購入者が交換工事を行うことはできません。そのために設置工事費用が別途加算されるということもデメリットの一つでしょう。しかし使用感や清掃性の良さなどコストに見合ったメリットがありますので、これから設置を考えている方にはビルトイン型をおすすめします。