ビルトイン型ガスコンロはこのように進化してきました

ビルトイン型ガスコンロとは、キッチンに造り付けのガスコンロのことを言います。一昔前はテーブルコンロが主体でしたが、最近はビルトイン型ガスコンロが主体となっています。新築で家を建てる場合は、ビルトインガスコンロが設置されていることがほとんどです。しかし、そのビルトインガスコンロも年を追う毎に進化を遂げてきています。機能性や安全性に配慮されて、より使いやすいものへと変わってきています。特に、2008年以降は安全基準が変化したことにより、全口に温度センサーが付けられているものが標準となっています。この機能が出来たことにより、空炊きを防止したり、油を加熱した時に加熱しすぎて火災の原因になるのを防いだりすることができます。安全面以外にも使いやすい機能が搭載されるようになりました。

使いやすい設計になってきている

昔は、ガスコンロと言えばテーブルコンロでもビルトイン型コンロでも、汁受けがあるのが普通でした。鍋などを置く五徳は、汁受けの上を覆うような形になっていたため、全体的に大きくて重たいものがついていました。最近のビルトイン型のガスコンロで見た目的に最も大きく変わったのは、天板に汁受けが無いタイプが普通になったことです。凹凸が少なくなってフラットになったことで、掃除がしやすくなっています。さらに、五徳もこれまでのように大きなものではなく、コンパクトになり、取り外しがしやすくなっています。天板は、汚れが付きにくい加工が施されており、材質は価格によって異なりますが、一番安い鉄製のタイプのものでもガラスの釉薬が吹き付けてあることで、以前のものと比べると、格段に汚れが落としやすくなっています。

グリルは大きな進化を遂げている

ビルトイン型のコンロの中で一番大きな進化を遂げていると言えるのがグリルです。以前は、グリルを使う時は水を張って使わなければなりませんでした。使用後も、脂のこぼれ落ちた水受けを流しまで運ばなければならず、掃除もしづらかったのですが、最近は水を入れずに使えるタイプが普通になってきました。以前のグリルは上火だけで焼き上げる片面焼きでしたが、現在の主流は上火と下火の両方で焼き上げる両面焼きで、焼いている途中でひっくり返す必要がありません。魚など崩れやすいものを焼いていて、ひっくり返すのに失敗してしまう、ということも防げます。また、調理時間も、片面焼きに比べると短縮することができます。短い時間で焼き上げるので、魚もふっくらと美味しく仕上げることができます。

様々なキッチンの間口サイズに対応、W1800やW2550など、広さにあわせて購入できます。他社との違いは、お客様の話を元にお客様の求めるものを一緒に考え、購入後もアフターフォローしますので安心してご利用いただけます。 他社との違いは、お客様に満足いただけるように親身になって納得いくまで何度でもお話を伺い一緒に考えることです。 ビルトインガスコンロのお見積りもお気軽に